2018年08月05日

安東のボンゴ

オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として目を止める存在となっています。
オリゴ糖を投与された乳酸菌の活動は活発になり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、お腹、環境を良好にしてくれます。そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも腸の機能改善や健康増進には欠かしてはならない重要な成分であるといえます。


便秘に良い食べ物は、乳酸菌が含まれた、発酵食材などです。


しつこい便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態に到達しています。この状態を消えさせて、トイレにいきやすくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。乳児がインフルエンザになったら、はなはだ大変なことに陥ります。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、そうなると命を失うこともあり得るでしょう。
インフルエンザが広がっている時には、絶対に外出させない方が正解かもしれません。
なぜ私が便秘になったのかというと、多分、運動不足のせいだと思います。
通勤も毎日車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。
犬を飼っているわけでもないので、散歩に出るようなこともありません。



そのような生活のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。
まず、便秘解消のためにも、今日からウォーキングを始めることにします。

インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効果があるといわれています。およそ1年前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというコンテンツを見ました。



私の子供が受験生でしたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効果があるそうです。

母は重度のアトピーです。どうやら遺伝していたみたいで。

私もアトピー症状が出始めました。
いつも肌がカサカサになって、日々保湿を欠かすことができません。



お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も困難なのです。母を憎むつもりはないのですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、絶望的な気持ちになります。乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はきわめて健康的になりました。毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。ヨーグルトというのは味にもいろいろ変化をつけやすいですし、便秘になることなく過ごせます。

乳酸菌を摂ることにしてから、肌の調子も良くなってきて、体重も減ったのでした。
気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても別に副作用といったものはありません。
http://www.card-recruiter.com/
しかしながらそうは言いますが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーオーバーとなる可能性があるのです。



消化吸収できる量にも限りというものがあるので、常識内の量に保つと大丈夫でしょう。インフルエンザに感染したことがわかると学校などには、5日間出席できなくなります。インフルエンザに感染したとしても、発熱の症状は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。



たとえ熱が下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。

とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染予防には大事なことです。


仮に便秘になっても、薬に頼れば簡単に、解決できると思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂取すると効果的で、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維を一緒に摂るのが大事です。

後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。



Posted by あひぬせひね at 02:49│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。