2018年06月04日

信(しん)と舘

妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は重要な効果です。
こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが大切だと思います。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方には一番簡単な方法だと言えます。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?赤ちゃんが健やかに育つように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸不足に陥らないようにしてください。厚生労働省の推奨では1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。これを野菜だけで摂取するのは大変だと思います。サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。
妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があります。

厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。様々な努力が必要な妊活の最中、特に注意が必要なのは、ストレスを溜めないようにすることです。
心身のストレスによって筋肉の緊張を招き、血流を悪化させます。そうなると当然、卵巣や子宮といった妊娠に関わる組織の機能は下がってしまいます。

もし、働く女性で大きなストレスがかかっており、生活習慣も乱れがち、といった場合は、仕事を休ませてもらうことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

http://www.silentsf.com/
しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
不妊などの原因は女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。

質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーといった食品を、積極的に食べているという方もいらっしゃると思います。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。ビタミンの中でも、サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸は妊娠初期の摂取によって胎児に神経系の問題が起きるのを防ぐなど健やかな発育に良い効果があるという説があります。



葉酸を摂ろうと思ったら、ブロッコリーやアスパラ、枝豆、またほうれん草などの葉物に多く含有されていますが、サプリメントを活用すると上手に摂れますので妊娠前から妊娠中の、全ての女性が毎日コツコツ摂取することをおすすめします。



いま妊娠されている方にとって葉酸は大変大切なものです。ですから、葉酸のサプリメントを補給している方は少なくないようですが、安心・安全な葉酸サプリを選ぶためには、「使用されている添加物は安全か」、「販売している会社の信頼性」などをしっかりとチェックし、可能であれば、天然葉酸を取り入れるようにすることが重要です。意外と、葉酸というのは妊娠初期のみ必要だと思われていますが、実はそうでもありません。
妊娠中期から妊娠後期の期間にもお腹にいる胎児の成長を促したり、悪性貧血から母と子の身を守ってくれたり、妊娠中毒症の予防となるなど欠かせない役目をしてくれるようです。授乳を終えるまでは、続けて葉酸を摂っていきましょう。
葉酸の所要量を妊娠中の女性で考えると、他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ葉酸不足には陥りません。葉酸の重要性は知られていますが、過剰摂取も問題があります。大量の葉酸を摂り続けると身体症状である発熱やかゆみなどを引き起こす可能性があるので、過剰摂取にも配慮が必要です。



Posted by あひぬせひね at 10:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。