2018年02月03日

芳賀とみわ

ダイエットを実行中の人は運動によって減量を試みるのは普通だと考えられますが、しっかりと時間を決めて取り組んでいますか?出来ることなら毎日朝なら朝、夜なら夜と決まっている時間に運動をしているほうが痩せやすくなる体を作ることが出来るようになります。年齢に伴いだんだんと身体がダルダルになってきてしまいました。痩せるためには運動と食事の管理がベストだとは思いつついっこうに時間が設けられずに実行に持っていけませんでしたが長い時間を隔てて体重計にのってみて心臓が止まるかと思ったんです。

まず、自分で出来ることを始めようと、無理なく運動を実施するために、日々徒歩にすることから始めてみました。これで多少でも痩せると嬉しいです。私が痩せたいと思った時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉の量を増やしてからだの基礎代謝がアップしやすい状態にした後に、少し速足でウォーキングを30分以上続けました。

これを毎日続けたおかげか、2ヶ月で5キロの減量に成功しましたが、続けるのは、中々大変困難でした。


ダイエットの為に朝ご飯を取らないのは健康状態に良くないので、ちゃんと食べる方が効果的です。カロリーを調整する場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトなどのミネラル食品に変えるといいです。
他にも、加熱調理した野菜サラダや温かいスープも代謝が上がりますし、肌も綺麗に保てます。


バナナを朝食にしてもいいので、しっかり食べて健康に痩せましょう。
私の場合、子供を産んだ後、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットとプラスして生まれて初めて筋肉を鍛えました。100%母乳で子育てをしていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。

おかげさまで約半年でほぼ以前のような体型に戻ることができました。どうしても避けられないのが体重の減少が停滞してしまう時期です。
この時期にどうしたらいいのかと言うと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが秘訣です。



もし、身体を動かしていないのなら、食事だけはカロリーをチェックしたり、食事に注意しないのなら、運動オンリーでも続けましょう。


痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。



食事を制限するダイエットは確実に痩せるのですが、実はデメリットもあるのです。
私の場合は生理に影響が出てきてしまいました。

排卵が止まってしまって、産婦人科でもらった薬を飲んで治しました。最初から頑張りすぎると長続きしないということが経験から分かりました。


普段歩くときにお尻に力を入れて大股で歩くだけでも違ってきます。
若い頃は基礎代謝力が良いため、食べ過ぎてしまって体重に出てしまってもちょっと待てば元通りになることがよくあるものです。


しかし、年齢を重ねると基礎代謝力が下がってしまい、エネルギー消費量も落ちてしまうので、何もしないと太りやすい体になります。
http://www.mymanhenri.com/


元々の代謝量が多い方がダイエットには具合が良いです。
椅子に座る機会に背もたれを使わず背中の筋肉を、伸ばすようにしたり、歩き方を少々注意するだけでも、代謝量をアップすることができます。着座や歩き方が綺麗なれば、レディとしての魅力も上がります。

是非頑張ってみてください。職場の人とのコミュニケーション上のストレスで、最近は、自分でブレーキがかけられないくらいの食欲が湧いて、めちゃくちゃ食べています。ほっぺたにや、顎や、二の腕、お腹周りにもお肉がついてぷよぷよで、何とか体重を減らしたいなと思うのですが、なかなか、運動する暇がありません。
こんな時こそ、簡単に体重が減って良いスタイルを、手に入れる薬があればいいのになと思います。

大変な思いをしないでスリムになる薬があるのだったら、1万でも2万でも、支払ってもいいなと思っていますね。それくらいせっぱつまった思いです。



Posted by あひぬせひね at 00:06│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。